治験の医師のやりがいは?

治験医師求人TOP >> FAQ >> 治験の医師のやりがいは?

治験の医師のやりがいは?

治験は、厚生労働省に認可されていない薬を「治療を兼ねた試験」として患者さんに試してもらう一連の流れであり医療行為です。治験は一般的に長い期間が必要とされていて、新薬であるため副作用の可能性も現行の薬より高くなります。治験を担当する医師には、患者さんの治療と新薬開発のためのデータ収集という2つの大きな責任が課せられます。責任の大きい業務ですが、その分やりがいも大きいといえます。治験の医師にとってのやりがいとは、目の前の患者さんが薬によって快方に向かうのを目の当たりにすることができることです。そして、治験を行うことで薬を待ち望んでいる多くの患者さんに新薬開発の治験担当者として、新しい薬を届けることができるという使命感があります。新薬の開発から承認までには10年かかるといわれる世界ですが、治験はその開発の期間の後半に行いますから、治験が完了すると数年で承認が下りることもあります。自分が開発に関わった薬が承認されることは医療に関わるものとして、大きなやりがいを感じられる瞬間となるでしょう。

治験は医師が責任を持って進めていきますが、一人の力で治験を完了することはできません。治験コーディネーターと呼ばれる専門職スタッフや看護師、薬剤師とチームとなり連携を取りながら治験を進めていく必要があります。このことから、治験担当医師にはコミュニケーション能力が必要と言われていますが、チーム一丸となって一つの治験を終えた時には、大きな研究を終えたような充実した達成感を味わうこともできます。大きなやりがいを感じることのできる仕事ですが、コミュニケーション能力というスキルが磨かれる仕事でもあるのです。臨床では一つの症例に対して様々な治療法を試みることがありますが、治験では治療の柱が薬になります。しかし、薬をただ使えば良いというものではなく、患者さんの症状などに合わせて使い方を変えるなど医師としての経験や知恵が生かされる仕事でもあります。達成感とともに、医師の技量というスキルが磨かれる仕事と言っても良いでしょう。

時には思うような結果が出ないこともあります。治療の効果があらわれないということも多いのです。治験で副作用が起こる可能性もあります。良いことばかり起こるわけではありませんが、医師として何が出来るのかを考えながら患者さんと接するという姿勢は臨床と変わりはありません。データの収集や書類作成など事務作業も増えていきますが、それ以上に大きなやりがいを感じられることから治験の医師を希望する人が増えてきています。

治験の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 治験医師求人探しガイド All Rights Reserved.