治験の医師の履歴書のコツは?

治験医師求人TOP >> FAQ >> 治験の医師の履歴書のコツは?

治験の医師の履歴書のコツは?

最近では医師の転職も特別に珍しいことではなくなってきましたが、転職活動には必ず履歴書を事前に提出する必要があります。履歴書をただ単に個人の情報を伝えるだけと考えている方も多いようですが、履歴書は人事担当者に対するあなたのプレゼンテーションです。実は人事担当者はあなたが書いた履歴書から、さまざまなことを読み取ろうとしているのです。医師の履歴書もこれまでの経験や専門の分野を記載するだけでなく、確実に次のステップである面接にコマを進めるためにも疎かにできません。

治験の医師求人の履歴書の場合も同じでどんなにあなたが治験の仕事に熱意を持っていても、もし履歴書を軽視してしまうと応募書類の段階で落される可能性もあります。そんな事態を避けるためにも求人先の人事担当者に、是非とも面接してみたいと思わせるような履歴書にしたいものです。絶対に通過する履歴書などは存在しませんが、書き方や内容などによっては確実に落されることもあります。履歴書を通過させるためには特別なコツは必要でなく、写真・書き方・書く内容などを基本に忠実にしっかりと確認することが大事です。

例えば履歴書の写真は人事担当者の目に最初に入り、服装や顔付きなどで第一印象が決まります。スピード写真などは避けて写真撮影をしている店舗で、服装や顔の表情にも気を付けるようにしましょう。学歴は小学校と中学校は卒業の年次だけを記入し、高校から大学までは入学した年次と卒業した年次まで記入します。また高校は公立か私立かまで書き職歴はこれまで勤務した、病院などへの入職日と退職日をもれなく記入します。普通は職務経歴書を別途に書くので、履歴書の職歴は簡潔でも大丈夫です。

人事担当者が最も注目するのは自己PRと志望動機ですが、自己PRは自分がいかに優秀な医師であるかをアピールすることではありません。自己PRではもし採用された場合には、自分がいかに治験に貢献できるかをアピールすることが大事です。志望動機はなぜ応募先の病院を選んだのかその理由を書き、臨床医師でなくなぜ治験を選んだのかその理由も書きます。履歴書の志望動機でどれだけあなたが、治験のことを理解しているかも判断されます。

もし治験の医師の履歴書の書き方などがよく分からない方はこのサイトに掲載されている、リクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。履歴書を持参されると転職エージェントの担当者が、添削やアドバイスを行ってくれます。

治験の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 治験医師求人探しガイド All Rights Reserved.