治験の医師の治験責任医師とは?

治験医師求人TOP >> FAQ >> 治験の医師の治験責任医師とは?

治験の医師の治験責任医師とは?

治験責任医師とは製薬メーカーから治験の依頼された病院などの、治験実施医療機関で治験の全てを担当する医師のことです。治験責任医師は治験を担当する他の医師やスタッフを監督したり指導したりする立場にあり、豊富な臨床経験はもちろんのこと治験を確実に実施できるだけの治験に関する十分な知識が求められます。治験責任医師の主な業務の流れですが治験をスタートさせる前に治験実施計画書などの確認や、その治験を受託するかどうかの判断も治験責任医師の大事な仕事です。

そのために治験責任医師は治験に関わる他の医師やスタッフと、先ずは製薬メーカーからの治験実施計画書を協議したり検討したりします。そしてその治験を受託すると決めた場合には、それぞれが担当する業務のリストを作成します。次に治験実施医療機関長の指示書や了承済みリストを基に契約書の作成を行い、契約書に問題がなければ契約書に記名し捺印か署名を行います。次に製薬メーカーから治験をスタートさせるために、必要な薬品や資料などを貰います。そして治験審査委員会に提出する資料の作成を治験分担医師や他のスタッフに指示し、治験審査委員会への出席や治験の説明を行います。

治験分担医師の他に治験協力者が必要な場合は、それぞれに分担してもらう業務のリストを作成します。作成したリストは実施医療機関の長に提出し、患者さんに説明する同意文書の作成を行い、その後に了承を得て治験協力者の選定を行います。また患者さんに説明する同意文書の作成を指示したり、患者さんへの治験内容の説明に関しての注意や同意文書の確認なども治験責任医師の大事な業務の一つです。これらが済めば治験がスタートしますが患者さんに対する服薬指導や、副作用の確認やその処置も適切に行う必要があります。

治験での患者さんの検査データを治験責任医師が最終的に確認し、治験依頼主である製薬メーカーへの報告を行いますがその検査データを倫理的に、かつ科学的に新薬の妥当性について検討し製薬メーカーと協議を行います。もし治験の医師の治験責任医師の業務についてもっと詳細を知りたい方は、このサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの、転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が治験責任医師の業務についてだけでなく、希望されるような条件で治験の医師の求人の紹介も行ってくれます。

治験の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 治験医師求人探しガイド All Rights Reserved.