治験の医師の募集時期は?

治験医師求人TOP >> FAQ >> 治験の医師の募集時期は?

治験の医師の募集時期は?

医師の募集時期が多いのは一般的には退職や、異動が多い3月や10月と言われています。逆に医師の求人募集が少ない時期は6月と12月で、これは12月は年末なので病院などの医療機関でも一般の企業と同様に求人をあまり行わないからです。6月は医局の人事が行わるので、この時期の医師の募集も控えられるのが普通です。しかし医師の確保が困難な地方の病院などでは、通年で医師の募集が行わています。では治験の医師の募集時期は、何時なのでしょうか。

治験の医師の募集は2010年問題以前は、さほど多くはありませんでした。2010年問題と言って一般の方々には馴染みがないかもしれませんが、製薬メーカーの多くの新薬の特許が2010年に次々と切れて売上げが大幅に落ち込んだのです。新薬はその開発から実際に市場で販売されるまでに莫大な投資費用と長い年月が掛かるために、特許を出願すれば20年から25年の間はその製薬メーカーが新薬を独占して製造販売することができます。

新薬はその名の通り新しく開発された薬で先発医薬品とも呼ばれていますが、新薬が発売されるまでには十数年もの長い研究期間と何百億円という膨大な費用がかかっています。そのため特許を出願してから20〜25年間は、開発した製薬会社が独占的に製造して販売することができます。多くの製薬メーカーはブロックバスター薬と呼ばれる、ヒットした新薬の売上げに会社の経営が支えられているのです。

その新薬の特許が2010年の前後に次々と切れて、ジェネリック医薬品と呼ばれる後発医薬品によって、会社の売上げが下落したのです。そのため各製薬メーカーでは新薬の開発が社運を賭けることになり、このサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの、転職エージェントでも治験の医師の募集が通年で行わています。なぜ 2010年問題が起きたかですがこれはこの何十年の間は、画期的な新薬の開発が殆ど行われていなかったからです。

ブロックバスター薬の殆ど1980年代から1990年代に開発され、その多くが病気のメカニズムが判明しやすいものばかりでした。しかし癌やアルツハイマー病など現在の病気の多くはそのメカニズムが解明されいなく、新薬の開発もとても難しいものばかりだからです。それだけに治験の医師に掛かる、期待も大きいと言えます。もし治験業界の医師の求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者が治験の医師の募集時期だけでなく、希望されるような求人の紹介も行ってくれます。

治験の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 治験医師求人探しガイド All Rights Reserved.