治験の医師の非常勤求人は?

治験医師求人TOP >> FAQ >> 治験の医師の非常勤求人は?

治験の医師の非常勤求人は?

治験は治験責任医師と呼ばれる治験を担当する他の医師や、スタッフを指導したり監督する医師の管理下で行われます。この治験責任医師の多くは治験を依頼された実施医療機関の常勤医が担当していて、治験責任医師の非常勤医師の求人を目にすることは先ずありません。もし病院などの治験実施医療機関に依頼された治験を実施できる医師がいない場合には、別の医療機関の医師を治験分担医師として登録して治験を行うことはあります。ただしその場合でも非常勤医師が、治験責任医師に登録されるケースは殆どありません。

ただ改正薬事法によって2003年7月から医師主導型治験が可能となり、これまで薬品メーカーがあまり興味を示さなかった医薬品や治療法の開発が促進されました。この医師主導型治験とは医師や医療機関が、主体となって実施する治験のことです。これまでは外国では有効性が認められ既に販売されている医薬品でも、国内の薬品メーカーが採算性やリスクを考えて験を行わないケースが多々ありました。また例え可能性がある新たな治療法の場合も、その治療法の効果が未知であることから、企業がその治療法の治験を行わないことがありました。

そのため厚生労働省が海外では既に販売されている医薬品でありながら、採算の面で日本では使用されていない医薬品に関して、治験実施医療機関に支援を行うことを決定したのです。医師主導型治験が可能となり薬品メーカーが、採算性の点から見送っていた治験が実施されるようになりました。そのため治験の医師の求人も以前と比べると増え治験責任医師以外の非常勤医師の求人も、このサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの転職エージェントで探すことができます。

医師主導型治験の実施によって日本では承認されていなかった医薬品が、治験のデータを基に新薬として厚生労働省に認可され販売されています。また遺伝子治療や再生医療に関する治験も積極的に行われるようになり、非常勤医師であってもこのような分野に興味がある医師にとっては魅力的な仕事です。もし治験の医師の非常勤求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者が治験の非常勤医師の求人の紹介だけでなく、求人の詳細や採用基準までアドバイスを行ってくれます。これらの転職エージェントには一般には公開されていない、医師の求人も多数あるので気軽に担当者に相談してください。

治験の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 治験医師求人探しガイド All Rights Reserved.