治験の医師の志望動機の書き方は?

治験医師求人TOP >> FAQ >> 治験の医師の志望動機の書き方は?

治験の医師の志望動機の書き方は?

医師の転職市場が活発になってきている今、治験の医師として働きたいと希望する医師も増えてきました。どんな職業の転職であっても、志望動機は採用担当者が応募者の意欲を感じられる大切な自己アピール文です。治験の医師としての志望動機を書く時には、自分が治験の医師になって何をしたいのかということを絡めて書くと良いでしょう。

例えば、ただ「治験に興味があるので応募しました。」というだけでは採用担当者には良い印象を与えません。「冷やかし」と誤解される危険もあります。冷やかしではなく、心底治験に関わりたいのだという気持ちをしっかりとアピールしていかなければいけません。何を書いてよいのか分からないという時には、「なぜ自分は治験の医師になりたいと思ったのか、そのきっかけは?」と冷静に考えてみてください。興味があって応募したのだとしても、なぜ興味をもったのか、そこには必ず「きっかけ」があるはずです。新薬の開発に携わることで多くの命を救いたいと思った人もいれば、医師としての力を治験という形で発揮してみたいと思った人もいるでしょう。なぜ?どのような時に?ということを箇条書きで書き出してみると分かりやすいはずです。

病院でも製薬会社でも、治験に関わる医師には医師としての専門知識だけでなく、治験に向き合う真剣な思いとともに、患者さんや治験チームのメンバーに対してのコミュニケーション能力が求められます。治験の医師になるということは、たくさんの人の協力を得て結果を出さなくてはいけない立場になるということです。結果ばかりを求めてチームワークを大切にしない人は治験医師に向いていません。志望動機では「どうして治験医師を志望したのか」を主に書いていき、自己PRや職務履歴書などでコミュニケーション力の高さをアピールしていきましょう。

また、治験のことをしっかりと理解しているということも大切です。治験のことを一切勉強しないで「治験がやりたいのです」とアピールしても採用担当者を白けさせるだけです。採用する側からすれば、「やりたい」という気持ちは応募者のものであって、採用担当者は志望動機を通して、どれだけ真剣に治験に向き合うことができるかを見ています。治験のことをよく知っていて、治験に対する姿勢を書いていきましょう。治験について何も勉強しないまま、背伸びして格好良いことを書いたとしても、面接で話をすれば持っている知識が薄いことがばれてしまいます。大切なのは、治験に対する情熱です。この情熱をしっかり志望動機に織り交ぜていきましょう。

治験の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 治験医師求人探しガイド All Rights Reserved.