治験の医師の休みは?

治験医師求人TOP >> FAQ >> 治験の医師の休みは?

治験の医師の休みは?

一般の病院や有床診療所に勤務する医師の休みは不規則で、通常の診療時間以外にも土曜日も日曜日も当番で当直があります。入院患者さんがいれば夜間勤務する宿直医の存在は欠かせなく、土曜日も外来を行っている病院もあります。患者さんを担当していない麻酔科の医師や放射線科・病理・法医の場合などは土曜日や日曜日が基本的に休みですが、それ以外の診療科の医師の場合は例え休みの日でも、病院から急に電話がかかってくることも特に珍しいことではありません。

休日といっても主治医であれば患者さんのことが心配で、病院をうろうろしている医師もたくさんいます。初期研修医師であれば月に4日程度の休日がありますが、後期修医師やその後は月に2日程度の休日しか取れないのが普通です。もしどうしても休みが欲しいのであれば、小児科や産婦人科や一般内科や外科などの診療科には入職しないことです。特に小児科や産婦人科の場合は入院患者さんが急変することもあり、休みだからといっても何かあれば休日返上で病院に駆けつけます。

外科でも同様に自分が主治医で手術を担当すれば、もし患者さんに何かあれば休みの日であっても病院に駆けつけるのが普通です。それでも休みが欲しければ手術の時は避けて、やりくりして休日を作るしかありません。ただもし症状が不安定な患者さんがいれば休みを取っていても、脳裏から患者さんのことがなかなか離れません。ただ皮膚科やリハビリ科などであれば、担当する患者さんがいても休日を返上することなどは殆どありません。それでも当番で当直があるのが普通で、中には夜勤明けからそのまま勤務する医師も少なくありません。

休日どころか夜勤の時は2時間の仮眠しか取れず、そのまま翌日も普通に夜まで勤務する医師もたくさんいます。その点では治験の医師の場合は当直や夜勤もなく、土曜日も日曜日も休みが取れるのが一般的です。救急外来でなくても医師の過酷な勤務情況に変わりはなく、もし治験に興味があり休みがしっかり取れる治験の求人を探しているのであれば、このサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの、転職エージェントに気軽に登録されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者がしっかり休みが取れる治験の求人の紹介だけでなく、希望されるような条件で治験の医師の求人の紹介も行ってくれます。無床診療所に勤務するしか普通は休みが取れませんが、治験に関わることで休みだけでなく新薬の開発にも貢献することができます。

治験の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 治験医師求人探しガイド All Rights Reserved.