大阪の治験の医師求人

治験医師求人TOP >> 地域別の治験の医師求人 >> 大阪

大阪の治験の医師求人

大阪府の保健所で働くには、大阪府が実施する公衆衛生医師の採用試験に合格する必要があります。募集についての情報は、大阪府のホームページで確認することが可能です。ホームから「健康・医療」とすすみ、その中の「医療機関・医療人材」というページから「大阪府行政医師職員採用ガイド」というページが開けますので、こちらで確認してください。勤務先は、大阪府庁や大阪の各保健所となります。異動は数年単位で行われることが多く、多くの現場を経験することで公衆衛生医師として広く経験を積むことが可能です。

公衆衛生医師の仕事は、保健所に勤務して医師という立場から、感染症予防や結核予防、健康相談などを行います。大阪府の行政医師職員採用ガイドには、医師としての臨床経験がどのように保健所勤務で役に立っているか、先輩医師の体験談が多数掲載されています。体験談の中では多くの医師が、臨床経験を生かして医療システムの構築や相談窓口の開設などを行い、公衆衛生医師として活躍していることが分かります。

大阪府では公衆衛生医師の研修に力を入れています。現任研修と呼ばれている研修では、保健所に勤務しながら母子保健医療センターや精神医療センターでの実地研修を行います。現任研修は年間を通して行われていて、研修で培った経験を保健所での業務にフィードバックさせることができるような仕組みとなっています。派遣等外部研修と呼ばれる研修では、専門知識の習得を目的にしていて、国立感染症研究所などで危機管理を学ぶことができます。大規模な感染症や大災害が発生した時の緊急対応などの危機管理業務に研修で得た知識が発揮できます。業務研修も定期的に行われています。業務研修では公衆衛生医師としての基礎的な知識を学ぶことができます。

大阪府の公衆衛生医師は、基本的に土日と祝日がお休みで残業や当直はありません。(感染症の発生など有事の際にはこの限りではありません。)年次有給休暇や特別休暇、産前産後・育児休暇は取得できます。給与については、臨床経験年数によって規定があり、その規定に沿って昇給や昇進があります。採用試験では論文考察と個別面接が行われています。論文考察については過去問がホームページ上に公開されていますので試験の前には必ずチェックしておきましょう。その他、採用についての問い合わせは、健康医療部健康医療総務課保健所グループあてに問い合わせを行ってください。

治験の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 治験医師求人探しガイド All Rights Reserved.