愛知の治験の医師求人

治験医師求人TOP >> 地域別の治験の医師求人 >> 愛知

愛知の治験の医師求人

保健所で働く医師を公衆衛生医師と呼びます。愛知県の公衆衛生医師の募集については、愛知県のホームページの「職員採用情報」ページの「専門職」というページで確認することができます。基本的には欠員があった時に募集がかかりますので、興味がある方は愛知県のホームページをチェックしてみてください。

愛知県の公衆衛生医師募集のホームページでは、応募に関する資格や募集人員、採用後の身分や待遇などの採用に関しての基本的な情報の他に、公衆衛生医師とはどんな業務を行う職種なのかが詳しく解説されています。公衆衛生医師という言葉に初めて触れる人にも分かりやすく紹介されていますので参考になります。採用後の身分は、愛知県常勤職員となり、地方公務員法の適用を受ける身分となります。給与については医師免許取得後の臨床経験により初任給が決定します。そのため、採用された時の年齢や経験年数が違えば同期でも給料の差は出てきます。

採用された後の勤務地は県内の各保健所や福祉相談センター、精神保健福祉センターなどとなっていますが、定期的な異動があり公衆衛生医師としてのキャリアを着実に積めるような仕組みになっています。

保健所勤務の場合の仕事内容は、感染症予防対策や健康相談受付、結核予防業務や難病対策業務が主な仕事となります。その他、母子保健や精神保健なども業務内容に含まれますが、さらに詳細に知りたい場合は保健所のホームページで保健所の業務内容を確認してください。保健所で行う保健業務のほぼすべてに医師として関わっていくことになります。福祉相談センター勤務では、主に児童虐待に関連した業務に携わっていきます。児童虐待の事案に対して、助言や面接診断など医師として関わっていきます。精神保健センター勤務になると、精神保健について医師としての助言や指導をしたり、面接相談を行ったりします。精神保健センターでは、精神疾患やひきこもり、依存症などの相談を受け付けています。カウンセラーの相談で解決する事例もありますが、時には医師が医学的な見地からアドバイスを行うこともあります。

採用にあたっては採用試験が行われます。採用試験の内容については、小論文と面接となっていますが、テーマや文字数など詳しいことは応募の前に愛知県健康福祉部健康福祉総務課人事グループに試験の詳細について問い合わせをして確認をしてください。なお、試験の他に履歴書と医師免許状の提出が必要になっています。

治験の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 治験医師求人探しガイド All Rights Reserved.